So-net無料ブログ作成
検索選択

韓シネ 『ジェイル・ブレーカー』 [韓国シネマ]

韓シネ 『ジェイル・ブレーカー』

ジェイル・ブレーカー.jpg 

2002年

《キャスト》ソル・ギョングソン・ユナチャ・スンウォン

こ、これは面白い~!!!!!ヾ(@^(∞)^@)ノ

《あらすじ》

詐欺罪で服役中のジェピル(ソル・ギョング)は、

恋人ギョンスン(ソン・ユナ)と結婚するために、

特赦”(刑の執行の免除)を受けて出所することを夢見て、

日々真面目に刑務所生活を送る模範囚。

一方、窃盗罪(パン1ヶ)で服役中のムソク(チャ・スンウォン)は、

喧嘩っ早いうえに、何度も脱獄を試みては失敗しているおバカさん。

けれど彼は、たった1人で6年もの月日を掛け、

シャバへと繋がる脱獄の為のトンネルを、

たった1本のスプーンで地道に掘り続けていたのだった。

ある日ジェピルは、面会に来たギョンスンから、

他の男と結婚すると告げられる。

とてつもないショックを受けたジェピルは、

彼女の結婚を阻止しようと、ムソクと共に脱獄を決意。

2人は、ムソクが掘ったトンネルを潜り、とうとう脱獄に成功!!!

しか~し、翌朝。

久しぶりのドーナツに涙ぐむムソクの脇で

新聞を読んでいたジェピルは、ある記事に言葉を失う。

それは、

長年ジェピルが目標にしてきた“特赦”の名簿に書かれた、

自分達の名前だったのダ~~~~~(T▽T;)

脱獄を、あと1日延ばしていれば、

いや、この事実を1日早く知らされていれば、

2人は正々堂々と正門から出所する事ができていたのに…

が、時すでに遅し……………

残念ですが、2人は今や、脱・獄・犯。

今からこっそり刑務所に戻って“特赦”をうけようと言うムソク。

一目ギョンスンに会い、“特赦”を受けたことを伝えたいジェピル。

けれど間の悪いことに、ギョンスンの新恋人は現役警察官だった…(;´▽`A``

一方その頃刑務所では、

視察に来た警察のお偉方への、

刑務所職員らによる脱獄隠しが行われたり、

囚人らによる暴動が起きていたりで大騒動!!!

はたして2人は無事に“特赦”を受けることができるのかー???

もうネ~、

だいたいサ~、

スプーン1本でトンネルを掘り続けるって発想が、まず無いワ~

それに、やっと脱獄したのにまたムショに戻るってのも斬新だワ~

この映画の笑ツボ、モロ私の笑ツボですヾ(@^▽^@)ノ

2人の囚人の(特にチャ・スンウォンの)コミカル演技が超ウケるし、

ギョンスンの、男に惚れるツボってのが、これまたウケる~(≧▽≦)

ホントにもぉ、この発想がおもしろすぎ~(≧▽≦)

ちなみにジェピルとギョンスンの2人は、

この映画がきっかけで交際が始まり、

2009年に結婚したんですね~\(^_^)/

ジェイル・ブレーカー1.jpg

ちょうどこれからお盆休み!!!

家族みんなで笑える映画だと思います!!! オススメです♫


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

美月

うわあ。
ほんとだわあ。
発想が、面白い!
脱獄というのは、けっこう面白いテーマらしく
いくつか観た気がしますが
「もう1回ムショに戻る必要」っていうのがすごいです!
でも、それより興味深いのが、たったこれだけのあらすじで、2人の脱獄囚に
加担させられる心理・・・。

2人が凶悪犯でどうしようもない嫌なヤツだったらダメだし
ダラしなさすぎてもダメだし。
コツコツと「スプーン1本」てところもうまいんだねえ。ガンバレ!って思えるし。
しかも、動機がせっぱつまっていて可愛いから視聴者心理はもうひたすら「ガンバレ」だね~。

これは借りてきても観る気になったわ。
「ジェイルブレーカー」・・・タイトル、そのまんまだけど、覚えられないかも・・・笑
by 美月 (2012-08-19 23:02) 

むらちゃん

美月さんへ

確かに!(笑)
私もカタカナと言うか、英語のタイトルって覚えきりませんっ(汗)
『し』の列ってことだけ覚えて、あとは写真を頼りにレンタル店で探してくだされ~!

ところで 『加担させられる心理』ってウマいこと仰る!!!
本当ですね~
美月さんのコメントで気付かされましたよ!
この作品は、引き付ける要素をかなりしっかり抑えてますね!

ぜひ見てご感想を!!!


by むらちゃん (2012-08-21 09:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。